森保監督、フル代表で参加を希望 来年の南米選手権

森保監督、フル代表で参加を希望 来年の南米選手権

 サッカー日本代表の森保一監督は17日、来年6月から7月にかけてブラジルで開催される南米選手権に、フル代表での参加を希望していることを明らかにした。さいたま市内で取材に応じ「具現化するか分からないが話はさせてもらっている。そういう(フル代表で臨む)調整をしている」と語った。

 カタールとともに南米連盟から招待され、当初は原則23歳以下で争う2020年東京五輪世代のチームで参加を想定していた。アジア連盟の公式大会ではないため選手の招集をクラブに強制できない可能性もあり、今後はJリーグや国内外の所属先との調整を進める。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索