東京五輪への食材供給に積極姿勢 野菜93品目、都道府県調査

東京五輪への食材供給に積極姿勢 野菜93品目、都道府県調査

 政府の2020年東京五輪・パラリンピックの推進本部と農林水産省は14日、47都道府県に対して実施した、選手村や競技会場への地元食材供給の意向調査の結果を公表した。各自治体の積極的な姿勢を反映して、キノコ類を含む野菜類は計93品目、魚介類は計80品目に上った。

 総量はコメなどの主食が計1万2486トン、野菜類は計2万8526トン、肉類などは計6万7500トン、魚介類は計9725トン、果実類は計721トン。都道府県別のデータは公表しなかった。

 品目別では卵が3万9756トンで最多。鶏肉が2万2265トンで続いた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索