全豪テニス、西岡は2回戦で敗退 フェデラーら3回戦へ

全豪テニス、西岡は2回戦で敗退 フェデラーら3回戦へ

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第3日は16日、メルボルンで行われ、男子シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)は第10シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に3―6、3―6、3―6で敗れ、四大大会初の3回戦進出はならなかった。

 3連覇を目指す第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)は勝ち、20年連続の3回戦進出。第5シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)がフランシス・ティアフォー(米国)に敗れる波乱があった。

 女子シングルス2回戦では昨年覇者で第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が順当勝ちした。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索