荒磯親方が国技館であいさつ回り 元稀勢の里、引退相撲は9月に

荒磯親方が国技館であいさつ回り 元稀勢の里、引退相撲は9月に

 大相撲初場所4日目の16日に現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方が17日、東京都墨田区の両国国技館を訪れ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や各部署へあいさつ回りした。また断髪式を行う引退相撲は9月29日の実施が濃厚となった。

 荒磯親方は羽織はかま姿で役員室や審判部、チケット売り場などで引退を報告。一夜明けた心境を「土俵に上がれない寂しい気持ちはある。でもここからまた新しいスタートなので、一歩一歩進んでいきたい」と述べた。土俵を去った実感は「なかなか湧かない。まだスーツも持っていないし」と戸惑いを口にした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索