横綱鶴竜が2場所連続休場 右足首痛、3敗と不振

横綱鶴竜が2場所連続休場 右足首痛、3敗と不振

 大相撲の東横綱鶴竜(33)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が初場所6日目の18日、休場した。場所前から右足首に痛みがあり、5日目を終えて2勝3敗と苦しい土俵が続いていた。

 鶴竜は昨年11月の九州場所も右足首の故障で全休した。今場所前の稽古も十分ではなく、師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)は「ぶっつけ本番みたいで、下がると残せない。左脚にも負担がかかって張ってしまい、怖いと言っていた」と明かした。休場は2場所連続12度目で、横綱としては在位29場所で11度目。

 引退した稀勢の里(現荒磯親方)に続く離脱で、白鵬が一人横綱を務める。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索