日本プロゴルフ殿堂に中嶋を選出 4度の賞金王、森口祐子らも

日本プロゴルフ殿堂に中嶋を選出 4度の賞金王、森口祐子らも

 日本プロゴルフ殿堂は23日、新たに殿堂入りする4人の顕彰者を発表し、プレーヤー部門では男子ツアーで通算48勝を挙げて4度の賞金王に輝いた中嶋常幸(64)、女子ツアーで通算41勝を挙げた森口祐子(63)がそれぞれ選ばれた。

 レジェンド部門では佐藤精一(86)と小林法子(74)が選出された。式典は3月に行われる。

 中嶋は1985年に史上初の年間獲得賞金1億円突破を達成し、88年の全米プロ選手権で3位に入るなど海外でも力を示した。森口は出産から復帰して活躍するなど「ママさん選手」のパイオニアとして知られる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索