ルヴァン杯などでVAR導入へ Jリーグ理事会

 Jリーグは24日、東京都内で理事会を開き、主審の判定を映像で補助するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を今季の一部公式戦で導入することを決めた。YBCルヴァン・カップの準々決勝以降の全13試合と、J1とJ2の入れ替え戦に当たるJ1参入プレーオフ決定戦が対象。

 VARは来季の対象試合拡大を見据え、審判員のトレーニングや各会場の調査を進める。

 記者会見した村井満チェアマンは今季の重点課題に育成を挙げ、選手や指導者を積極的に海外派遣する考えを示した。ラグビーW杯の影響でFC東京がアウェー8連戦など、いびつな日程について「ぎりぎりの調整だった」と話した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索