ノルディック複合は小林が制す 全国高校スキー第3日

ノルディック複合は小林が制す 全国高校スキー第3日

 全国高校スキー大会第3日は10日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で行われ、ノルディック複合は前半飛躍(ヒルサイズ=HS86メートル)6位の小林朔太郎(群馬・長野原)が首位から54秒差で出た後半距離(10キロ)で逆転し、優勝した。

 アルペン男子大回転は佐藤進太郎(新潟・関根学園)が合計タイム1分49秒39で制した。距離女子5キロクラシカルは祖父江凜(長野・飯山)が14分6秒0で勝った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索