建物並ぶ選手村、7割完成 全容見えてきた五輪会場

建物並ぶ選手村、7割完成 全容見えてきた五輪会場

 東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて臨海部で新設中の競技会場や選手村の建設状況を公開した。宿泊棟21棟を建設中の選手村(中央区)の進捗は7割ほど。仮設施設を含めた選手村全体は20年春ごろに出来上がる見通しで、会場の全容が見えてきた。

 都によると、選手村の21棟は14〜18階建て。うち5棟は最上階まで作業が進んでおり、建物自体は12月に完成する予定だ。この日は足場に囲まれた宿泊棟の周囲で、クレーンによる資材運搬などの作業が行われた。

 五輪水泳センター(江東区)では、重さ約7千トンの屋根を建物の上層部分に引き上げる作業が既に終わった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索