武豊騎乗インティがG1初制覇 藤田のキッキングは5着

武豊騎乗インティがG1初制覇 藤田のキッキングは5着

 第36回フェブラリーステークス(17日・東京11R1600メートルダート14頭、G1)1番人気のインティ(武豊騎乗)が1分35秒6で逃げ切って優勝、G1初制覇を7連勝で飾るとともに、1着賞金1億円を獲得した。

 武騎手は2017年の有馬記念以来のG1勝利で、このレース5勝目。野中賢二調教師はG1初勝利。

 日本中央競馬会(JRA)所属の女性ジョッキーでG1に初騎乗した藤田菜七子騎手のコパノキッキング(4番人気)は5着に入った。

 払戻金は単勝が260円、枠連は(3)―(4)で410円、馬連は(3)―(6)で430円。馬単は(6)―(3)で750円。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索