トランポリンW杯、男子は岸3位 女子の土井畑も3位

 トランポリンの2020年東京五輪予選となるワールドカップ(W杯)シリーズ第1戦は17日、バクーで行われ、個人決勝で男子は岸大貴(ポピンズ)が59.365点で3位に入り、外村哲也(アムス・インターナショナル)が7位だった。女子は土井畑知里(三菱電機)が55.800点で3位、宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)が5位。

 来年4月までのW杯シリーズ全6戦で成績上位者が五輪出場枠を得る。

 非五輪種目のシンクロナイズド決勝で男子は岸、堺亮介(星稜ク)組が52.430点で制した。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索