五輪終電、午前2時すぎまで 郊外向けは最大1時間半延長

五輪終電、午前2時すぎまで 郊外向けは最大1時間半延長

 東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京五輪の期間中、観客輸送のため都心部のJR山手線や地下鉄が午前2時すぎまで、郊外に向かうJRや私鉄は午前1時から2時ごろまで終電が繰り下げられると発表した。来年春ごろに具体的なダイヤが決まる。

 都と組織委によると、午後11時以降に競技が終了する8会場で観客の利用が想定される駅の終電も延長する。都心部は1時間半程度、郊外向けは30分から1時間半程度の繰り下げとなる見通し。

 期間は東京五輪の開会式がある7月24日深夜から閉会式の8月9日深夜まで。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索