ジャンプ小林陵、1位で本戦へ 日本最長の248メートル

ジャンプ小林陵、1位で本戦へ 日本最長の248メートル

 【プラニツァ(スロベニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は21日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第27戦(ヒルサイズ=HS240メートル)の予選が行われ、既に個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が日本最長記録を更新する248メートルを飛び、247.8点の1位で22日の本戦に進んだ。これまでの最長は伊東大貴(雪印メグミルク)の243メートルだった。

 小林潤志郎は15位、伊東は27位、佐藤幸椰(以上雪印メグミルク)は32位、中村直幹(東海大)は34位、葛西紀明(土屋ホーム)は37位で通過した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索