東京五輪卓球で南北合同チームへ 混合ダブルスで、国際連盟会長

東京五輪卓球で南北合同チームへ 混合ダブルスで、国際連盟会長

 【ブダペスト共同】国際卓球連盟(ITTF)のトーマス・ワイカート会長(ドイツ)が19日、ブダペストで共同通信のインタビューに応じ、2020年東京五輪の混合ダブルスで韓国と北朝鮮の南北合同チーム結成を目指す考えを明らかにした。「団体戦ではなく混合ダブルスで実現できたらいい。南北ともにとても前向きだ」と述べた。

 卓球では1991年に千葉市で開かれた世界選手権で統一チーム「コリア」が結成され、女子団体で強豪の中国を破って優勝した。昨年の世界選手権団体戦でも女子で合同チームが結成された。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索