三本締めの白鵬関にけん責処分 相撲協会、伝統損なうと判断

三本締めの白鵬関にけん責処分 相撲協会、伝統損なうと判断

 日本相撲協会は24日、東京都内のホテルで臨時理事会を開き、春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行った横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=をけん責処分とした。懲戒で最も軽い。コンプライアンス規定の違反行為にある「相撲道の伝統と秩序を損なう行為」と判断した。

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は指導を再三怠ったとして、白鵬関より重い報酬減額(3カ月、10%)となった。

 調査をしたコンプライアンス委員会からの処分意見に基づき決めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索