卓球、吉村真・石川組は「銀」 五輪新種目の混合複

卓球、吉村真・石川組は「銀」 五輪新種目の混合複

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、2020年東京五輪で新種目として実施される混合ダブルスで、3大会連続のメダル獲得を決めていた前回優勝の吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は、決勝で許キン、劉詩ブン組(中国)に1―4で敗れ銀メダルだった。

 25歳の吉村真と26歳の石川が世界選手権でペアを組むのは4度目で、15年大会に「銀」、前回17年大会に同種目48年ぶりの金メダルを獲得していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索