野球、明大が優勝へあと1勝 東京六大学第6週

 東京六大学野球リーグ第6週第2日は19日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、明大が慶大に4―2で連勝して勝ち点4とし、優勝争いから抜け出した。25日からの第7週で法大から1勝すれば、5季ぶり40度目の優勝が決まる。早大は5―3で法大に雪辱して1勝1敗。

 明大は先発右腕の竹田が二回に満塁本塁打。2番手の伊勢が4回1失点でかわした。竹田は今季3勝目。早大は新人中川卓のリーグ初打点となる適時二塁打などで試合を優位に進めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索