貴景勝の師匠が理事長らに謝罪 異例の2度休場で混乱招き

 右膝の負傷で、大相撲夏場所9日目に異例となる同場所2度目の休場をした新大関貴景勝の師匠、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は20日、混乱を招いたなどとして、東京都墨田区の両国国技館で日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らに謝罪した。

 千賀ノ浦親方は「(対戦相手に)不戦勝を2回も出してしまった。『ご迷惑をお掛けしました。大変申し訳ありません』というお話をした」と述べた。八角理事長からは「しっかり治してから、出てきてください」と伝えられたという。他に東京開催場所の責任者、尾車事業部長(元大関琴風)や取組編成を担う審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)らに陳謝した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索