巨人の上原投手が引退表明 日米21年、44歳で現役に幕

巨人の上原投手が引退表明 日米21年、44歳で現役に幕

 日米通算21年で134勝を挙げたプロ野球巨人の上原浩治投手(44)が20日、東京都内のホテルで記者会見し「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいなと思います」と目を潤ませながら引退を表明した。

 昨季、10年ぶりに日本球界に復帰したが、昨秋に左膝を手術。現役最年長で迎えた今季は1軍での登板がなかった。「体自体はいい状態の中で、2軍戦で通用しなかった。8、9月にチームが首位を争うときにこういう会見をするのは違うと思った」とシーズン途中で決断した理由を語った。

 上原は1999年にドラフト1位で巨人に入団し1年目に20勝を挙げるなど主なタイトルを独占した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索