東京五輪の水泳・カヌー会場視察 IOCと合同会議スタート

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会などとの第8回合同会議が21日、始まった。初日は会場視察が行われ、IOCのコーツ調整委員長らが、水泳会場の東京アクアティクスセンターやカヌー・スラロームセンターなどを視察した。

 会議は3日間の予定。6月以降に本格化するテスト大会や暑さ対策などの計画を報告し、最終日の23日には悪天候など緊急時の対応をシミュレーションする。終了後にコーツ委員長や森会長らが記者会見する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る