17歳久保建ら南米選手権代表 サッカー日本、13人は初招集

17歳久保建ら南米選手権代表 サッカー日本、13人は初招集

 日本サッカー協会は24日、招待参加する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)に臨む日本代表23人を発表し、安部(鹿島)やプロ経験のない上田(法大)ら13人が初招集された。23日に国際親善試合の日本代表に初選出された17歳の久保建(FC東京)ら3人を含め東京五輪世代の16人が実質初のフル代表入りとなった。

 6月の親善試合2戦の代表にも入った主力の柴崎(ヘタフェ)中島(アルドハイル)、ベテランの川島(ストラスブール)岡崎(レスター)も選ばれた。森保監督は「若い選手が素晴らしい大会に出られることで成長につながり、来年の東京五輪にもプラスになる」と期待を込めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索