メダリストと五輪パラ施設めぐる 東京臨海部でウオーキング大会

メダリストと五輪パラ施設めぐる 東京臨海部でウオーキング大会

 2020年東京五輪・パラリンピックへの機運を高めようと、競技会場の集中する東京都江東区の臨海エリア周辺で25日、五輪メダリストらと一般の参加者計約4600人によるウオーキング大会が開かれた。

 大会は7回目。快晴の下、建設中の有明アリーナや選手村(中央区)などを眺めながら汗を流した。選手との記念撮影や、ボッチャなどパラリンピック競技の体験会もあった。

 パラ陸上の鈴木徹選手は「来年には東京が違った景色になる。多くの人と交流して盛り上げたい」とあいさつ。柔道で00年シドニー五輪銀メダルの篠原信一さんは「会場で競技の躍動感を感じてほしい」と呼び掛けた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索