男子エペ見延「個人も団体も金」 フェンシングアジア選手権

男子エペ見延「個人も団体も金」 フェンシングアジア選手権

 フェンシングのアジア選手権(13〜18日・千葉ポートアリーナ)に出場する日本代表の有力選手が12日、試合会場で記者会見し、3月と5月のグランプリ(GP)大会で2連勝した男子エペの見延和靖は「個人戦も金を、団体戦も金を取っていきたい」と抱負を語った。

 アジア選手権は来年の東京五輪で出場枠獲得に向け、ライバルとなる韓国や中国と直接戦う重要な大会。初日に実施される男子フルーレの松山恭助は「全種目に弾みをつけられるような大きな結果をもたらしたい」と意気込んだ。

 女子フルーレ個人で昨年11月のW杯で2位に入った東晟良は「必ず優勝できるように頑張る」と雪辱を期した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索