ウルフ、初の柔道日本一に感慨 所属先で優勝報告会

ウルフ、初の柔道日本一に感慨 所属先で優勝報告会

 体重無差別で柔道日本一を決める4月の全日本選手権を初制覇した男子100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)の優勝報告会が19日、千葉県浦安市内で開かれ「柔道家としての目標だった。大きな自信になった」と感慨をにじませた。所属先からは報奨金1千万円が贈られた。

 優勝後は声を掛けられる機会が増え、反響の大きさを実感しているという。2017年に世界選手権を制し、来年の東京五輪では日本人柔道家の偉業となる「3冠」達成が懸かる。「おごらずに全力で五輪の優勝を目指す。気が引き締まっている」と意欲を示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索