競泳男子の古賀選手、処分短縮へ ドーピングでスポーツ仲裁裁判所

競泳男子の古賀選手、処分短縮へ ドーピングでスポーツ仲裁裁判所

 競泳男子の2016年リオデジャネイロ五輪代表、古賀淳也選手(31)が国際水連のドーピングパネルによる4年間の資格停止処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した問題で、CASが処分を2年間に短縮する方針を固めたことが24日、複数の関係者の話で分かった。

 資格停止期間は2020年5月14日までとなる見通しだが、東京五輪選考会を兼ねる来年4月1〜8日の日本選手権には出場できない。

 古賀選手は18年3月の世界反ドーピング機関(WADA)による抜き打ち検査で、尿検体から筋肉増強効果のある禁止物質が検出された。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索