バスケ男子代表が8月に強化試合 八村塁や渡辺雄太も参戦か

 日本バスケットボール協会は25日、8月31日開幕の男子ワールドカップ(W杯)中国大会に出場する日本代表が8月に強豪アルゼンチンなどと強化試合を4試合行うと発表した。

 日本協会の東野智弥技術委員長は米プロNBAでウィザーズから1巡目指名を受けた八村塁と、グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太の参戦について、交渉を進めているとした。

 日本は12日に千葉ポートアリーナでニュージーランドと対戦。2020年東京五輪のテスト大会を兼ねてさいたまスーパーアリーナで行われる3試合は、22日にアルゼンチン、24日にドイツ、25日にチュニジアと顔を合わせる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索