日本が白星スタート 日米大学野球選手権

日本が白星スタート 日米大学野球選手権

 第43回日米大学野球選手権は16日、松山市の松山中央公園野球場で開幕し、日本は3―0で白星スタートを切った。

 日本は一回に牧(中大)の適時打で先制し、効果的に加点した。先発の森下暢(明大)が5回を無失点、佐藤隼(筑波大)ら救援陣も好投した。

 3年ぶりの日本開催となり、日本は国内開催では1981年大会から15連覇中。5試合で争われ、17日は愛媛県今治市、18日は山口県岩国市、20日は福島県郡山市、21日は東京・神宮球場で行われる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索