男子エペ加納は4強逃す 上野8強、見延2回戦敗退

男子エペ加納は4強逃す 上野8強、見延2回戦敗退

 【ブダペスト共同】フェンシングの世界選手権第5日は19日、ブダペストで個人2種目の決勝トーナメントが行われ、男子エペで世界ランキング8位の21歳、加納虹輝(早大)は準々決勝でロシア選手に12―15で敗れ、4強入りを逃してメダルに届かなかった。

 女子フルーレでもアジア選手権2位の17歳、上野優佳(埼玉・星槎国際高)が準々決勝でフランス選手に11―15で屈し、メダル獲得を逃した。

 男子エペで世界ランキング1位の見延和靖(ネクサス)は2回戦で宇山賢(三菱電機)に13―15で敗退。宇山とアジア選手権覇者の山田優(自衛隊)は3回戦で敗れた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索