柔道、永瀬「優勝でアピール」 GP大会へ出発

柔道、永瀬「優勝でアピール」 GP大会へ出発

 柔道のグランプリ(GP)大会(26〜28日・ザグレブ)に出場する日本代表が22日、羽田空港から出発し、男子81キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規は「優勝できればしっかりアピールでき、さらに自信をつけてステップアップできる」と力を込めた。

 永瀬は世界選手権(8月25日〜9月1日・日本武道館)代表に入っていないが、7月上旬のGPモントリオール大会を制覇。右膝故障からの復調を印象付けている。

 世界選手権混合団体メンバーで女子70キロ級の大野陽子は「(GP大会は)次の大会に向けての通り道」と意気込んだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索