J1、磐田の鈴木監督が退任 低迷続き、後任は未定

J1、磐田の鈴木監督が退任 低迷続き、後任は未定

 J1磐田は15日、鈴木秀人監督(44)が退任すると発表した。後任は未定で、小林稔ヘッドコーチ(43)が暫定的に指揮を執る。八戸に6―0で大勝した14日の天皇杯全日本選手権3回戦は小林氏が代行していた。

 磐田は今季、3勝5分け9敗で最下位に低迷していた6月末に名波浩前監督が辞任し、鈴木氏がヘッドコーチから昇格した。ただ、鈴木氏の監督就任後もリーグ戦で1勝4敗と立て直せず、最下位に沈んだままだった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索