フィギュア宇野、今季の演目発表 フリーはスローテンポ

フィギュア宇野、今季の演目発表 フリーはスローテンポ

 フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は16日、19〜20年シーズンのフリーの演目が「ダンシング・オン・マイ・オウン」に決まったと公式サイトで発表した。スローテンポな曲調で、人気振付師のデービッド・ウィルソン氏が手掛けた。

 ショートプログラム(SP)はシェイリン・ボーンさんが振り付け、昨季からエキシビションで演じる「グレート・スピリット」をSP用に編集して使う。

 宇野は6月に5歳から指導を受けた山田満知子、樋口美穂子両コーチの下を離れることを発表し、当面はメインコーチを置かずに臨む。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索