吉田・吉岡組が総合首位 セーリング五輪テスト大会

吉田・吉岡組が総合首位 セーリング五輪テスト大会

 セーリングの東京五輪テスト大会第3日は19日、神奈川県江の島ヨットハーバー沖で行われ、五輪代表に決まっている女子470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は6レースを終えて総合首位に立った。

 吉田、吉岡組は3レースで4位、6位、1位と好調だった。前日とは一変して陸地方向から風が吹く条件に、うまく対応した。吉田は「風向きの変化が激しかったけど、それに合わせられた」と話した。

 男子RSX級の富沢慎(トヨタ自動車東日本)は第5レースで2位に入るなど、7レースを終えて総合10位につけた。女子レーザーラジアル級の土居愛実(アビーム)は6レースまでで総合10位だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索