ナガマツ「銅」以上確定 保木、小林組は初メダル

ナガマツ「銅」以上確定 保木、小林組は初メダル

 【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝が行われ、女子ダブルスは2連覇を目指す永原和可那、松本麻佑組が昨年3位の米元小春、田中志穂組(ともに北都銀行)の途中棄権で勝ち、3位決定戦がないためメダル獲得が決まった。第2ゲーム途中で米元が左足首付近を負傷した。

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は中国ペアに1―2で屈した。

 男子ダブルスでは保木卓朗、小林優吾組が昨年準優勝の園田啓悟、嘉村健士組(ともにトナミ運輸)を2―1で破って初の表彰台が確定した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索