大谷、術後初のスライダー 「切れもいい」と好感触

大谷、術後初のスライダー 「切れもいい」と好感触

 【ヒューストン共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が24日、ヒューストンで行われたアストロズ戦前にブルペンに入り、昨年10月の右肘手術後初めてスライダーを投げた。初の変化球として17日から取り組むカーブを含め「投げ始めて日が浅いが、感じもいい。全体的に切れもいいし(変化の)幅もまずまず納得」と好感触を口にした。

 3日ぶりのブルペン入りで、術後12度目。捕手を立たせて9球、座らせた後は2度の休憩を挟みながら10球のカーブ、5球のスライダーを交えて34球を投じた。最速は「あまり出なかった」と言いながらも87マイル(約140キロ)をマークした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索