広島・バティスタに出場停止処分 NPB、禁止薬物で6カ月

広島・バティスタに出場停止処分 NPB、禁止薬物で6カ月

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は3日、ドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示していた広島のサビエル・バティスタ外野手(27)に来年3月2日までの6カ月間の出場停止処分を科したと発表した。

 バティスタは6月上旬の検査で陽性反応を示したことが8月17日にNPBから発表され、広島が同日付で出場選手登録から外していた。NPBはバティスタ側に弁明の機会を与えた上で処分を決めた。

 プロ野球でドーピング検査が本格的に導入された2007年以降、違反による処分は7人目。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索