ラグビー、ロシア戦を想定し練習 日本代表、都内で2時間

ラグビー、ロシア戦を想定し練習 日本代表、都内で2時間

 ラグビーのワールドカップ(W杯)に臨む日本代表は15日、東京都内で約2時間、FWとバックスが分かれて練習を行い、1次リーグA組初戦となるロシアとの開幕戦(20日・味スタ)を具体的に想定した練習をスタートさせた。

 報道陣に公開された冒頭の15分では、バックスは先発と見られるSO田村(キヤノン)やWTB松島(サントリー)らが入った組とそれ以外に分かれ、パスとキックを織り交ぜて攻撃を確認した。FWはスクラムに取り組んだ。

 ミーティングではコーチ陣からロシアに対する戦術の説明があったそうで、田村は「やっとここまできたかなという感じ」と思いを述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索