世界レスリング、25歳太田が金 20歳小川は銅、奈良は敗復へ

世界レスリング、25歳太田が金 20歳小川は銅、奈良は敗復へ

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権第2日は15日、カザフスタンのヌルスルタンで男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級では、2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダリストで63キロ級に出場した25歳の太田忍が決勝で昨年王者のステパン・マリャニャン(ロシア)を破り、金メダルを獲得した。

 55キロ級で20歳の小川翔太は3位決定戦で中国選手にテクニカルフォール勝ちし、銅メダル。

 五輪実施階級で97キロ級の奈良勇太は昨年王者のムサ・エフロエフ(ロシア)に3回戦でフォール負けした。16日の敗者復活戦に回った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索