バスケ、スペインが2度目の優勝 男子W杯最終日、3位はフランス

 バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)最終日は15日、北京で行われ、決勝で世界ランキング2位のスペインが同5位のアルゼンチンを95―75で下し、3大会ぶり2度目の優勝を果たした。

 3位決定戦は世界3位のフランスが同11位のオーストラリアを67―59で退けた。

 この大会の結果によりスペイン、フランス、アルゼンチン、米国、オーストラリア、ナイジェリア、イランが東京五輪出場を決めた。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索