37歳名力士、元嘉風が引退会見 「ありがたい人生」

37歳名力士、元嘉風が引退会見 「ありがたい人生」

 12日に現役引退を発表した大相撲の中村親方(37)=元関脇嘉風、本名大西雅継、大分県出身、尾車部屋=が16日、東京都内で記者会見を開き「37歳まで現役を続けられるとは想像できなかった。ありがたい相撲人生だった」と笑顔で語った。今後は部屋付きとして後進の指導に当たる。

 中村親方は6月に故郷の大分県佐伯市での合宿中に右膝などに重傷を負い、復帰を断念。本人によると渓流下りのイベントでのアクシデントで「土俵に立つのは厳しいと実感した。悔いしかない」と無念さをにじませた。

 中村親方は日体大3年でアマチュア横綱に輝き、2004年初場所で初土俵。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索