テコンドー合宿取りやめに 選手大半が不参加の意向

 全日本テコンドー協会が強化指定選手らを対象に17日から東京都内で行う予定だった合宿が取りやめになったことが16日、関係者への取材で分かった。招集された選手の大半が不参加の意向を示し、合宿が成立しないため。

 6月に一部選手が合宿や指導体制について疑問を持ち、同協会の理事会に意見書を提出。6月末の期限までに回答が得られず、協会との溝が深まっていた。

 協会は役員改選が重なったことなどを理由に挙げ、近く回答を公表する方針。選手と協議し、今後の強化方法を再考するという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索