陸連、世界選手権へ壮行会 男子百の小池、決勝進出へ自信

陸連、世界選手権へ壮行会 男子百の小池、決勝進出へ自信

 日本陸連は17日、東京都内で世界選手権(27日開幕・ドーハ)に向けた壮行会を開き、男子100メートルで7月に9秒98をマークした小池祐貴(住友電工)は「自分の走りができれば、決勝(進出)は難しいことではない」と自信を口にした。

 男子の主将に任命された走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(JAL)は「重圧をエネルギーに変え、いいパフォーマンスがしたい」と抱負。麻場一徳強化委員長は「東京五輪に直結する大会。既に戦いは始まっている」と気を引き締めた。女子の主将は100メートル障害の木村文子(エディオン)となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索