「完敗」大迫、今後は未定 MGC3位で複雑な立場

 東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で男子3位だった大迫傑が17日、東京都内で報道陣の取材に応じ、MGCを「完敗」と振り返った。残り1枠を決める国内対象大会に出るかどうかについては「あらゆる状況をテーブルに出し、どれが一番いいのか、コーチと相談しながら決めていく」と語った。

 MGCでは2位までが代表に決定。12月の福岡国際、来年3月の東京、びわ湖毎日の3大会で自身が持つ日本記録が破られなければ代表に選ばれる。複雑な立場に置かれ「待つなら待つで大変だし、出るなら出るで覚悟して臨まないといけない。まだまだ戦いは続く」とした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索