ウェールズ代表コーチ賭け関与か ラグビーW杯開幕直前に帰国

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に出場するウェールズのロブ・ハウリー・アシスタントコーチが国際統括団体ワールドラグビーの賭けに関する規則に違反した可能性があるとして、開幕を前に帰国させられたことが分かった。17日、ロイター通信などが報じた。

 ウェールズ・ラグビー協会は「ハウリーは調査に協力するために、ウェールズに戻ったことを確認した」との声明を出し、「現段階でこれ以上の詳細は明らかにできない」とした。W杯で初優勝を目指すウェールズは1次リーグD組で、23日の初戦でジョージアと対戦する。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索