バレー、日本がカメルーンに快勝 女子ワールドカップ

 バレーボール女子のワールドカップ(W杯)第4日は18日、横浜アリーナなどで行われ、世界ランキング6位の日本は同17位のカメルーンに3―0で快勝して2勝2敗とした。カメルーンは4連敗。

 日本は第1セット、古賀(NEC)や石井(久光製薬)の攻撃などで流れをつかみ、25―17で先取した。第2セットも25―17で奪い、第3セットは長内(日立)のサーブを起点に連続得点を挙げ、25―20で押し切った。

 2016年リオデジャネイロ五輪優勝の中国はドミニカ共和国に3―0で勝って4戦全勝。米国もオランダを3―0で下し、4連勝とした。オランダは初黒星(3勝)となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索