阪神近本、安打数で長嶋に並ぶ 61年ぶり、セ新人153安打

阪神近本、安打数で長嶋に並ぶ 61年ぶり、セ新人153安打

 阪神のルーキー近本光司外野手(24)が18日、甲子園球場で行われたヤクルト24回戦の八回にこの日3安打目となる一塁内野安打を放って今季153安打とし、長嶋茂雄(巨人)が1958年(シーズン130試合)に樹立した新人最多安打のセ・リーグ記録に並んだ。プロ野球記録は56年(同154試合)の佐々木信也(高橋)の180。

 近本は地元兵庫の社高―関学大を経て、大阪ガスでは昨夏の都市対抗大会初優勝に貢献した。ドラフト1位で入団した阪神でも俊足巧打を発揮し、中堅のレギュラーに定着した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索