東レ女子テニス、大坂が決勝へ 土居は敗退、第6日

東レ女子テニス、大坂が決勝へ 土居は敗退、第6日

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第6日は21日、大阪市のITC靱TCで行われ、シングルスで第1シードの大坂なおみが22日の決勝に進出した。アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)と顔を合わせる。

 大坂は準々決勝でユリア・プティンツェワ(カザフスタン)を6―4、6―4で下し、準決勝はエリーズ・メルテンス(ベルギー)を6―4、6―1で退けた。

 20日に雨で中断した準々決勝を第1セット途中から再開した土居美咲は、パブリュチェンコワに2―6、2―6で敗れた。

 ダブルスの土居、日比野菜緒組は準決勝で台湾選手のペアに屈した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索