貴景勝は左大胸筋肉離れ 加療6週間、九州場所不安

貴景勝は左大胸筋肉離れ 加療6週間、九州場所不安

 大相撲の関脇貴景勝(23)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が23日、東京都内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受け「左大胸筋肉離れ」と診断された。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が明らかにした。加療は6週間といい、大関に復帰する九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)への出場が不安視される事態となった。

 22日の秋場所千秋楽の優勝決定戦で関脇御嶽海に敗れた一番で負傷。千賀ノ浦親方によると、立ち合いで突き、押しを繰り出した際とみられ「自分の力でやってしまった感じだ」と話した。10月5日からの秋巡業は全休する見込みで手術はしない方針。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索