リーチ主将「さらに歴史つくる」 ラグビーW杯、初の8強入り

リーチ主将「さらに歴史つくる」 ラグビーW杯、初の8強入り

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、スコットランドに勝って初の8強入りを決めた日本代表のリーチ・マイケル主将(東芝)が14日、試合から一夜明けて横浜市内で記者会見し、「ゼロからスタートして、もう一回(チームを)つくりあげることが大事。さらに日本の歴史をつくりたい」と述べ、準々決勝の南アフリカ戦に向けて決意を新たにした。

 日本は1次リーグA組最終戦でスコットランドを28―21で破り、4戦全勝の同組1位で突破。「毎試合成長している感じはある」と手応えも口にした。準々決勝は20日に東京・味の素スタジアムで行われる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る