東京六大学野球、慶大が6連勝 法大に3―1、立大は東大を下す

 東京六大学野球リーグ第5週第2日は15日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、慶大が法大を3―1で破り、開幕6連勝の勝ち点3で首位に立った。法大は6勝2敗で同3の2位。立大は東大を6―0で下し、連勝で勝ち点を1とした。東大は8連敗で最下位確定。

 慶大は三回に郡司の適時打で先制。1―1の九回に下山の勝ち越し打などで2点を奪った。立大は一回に宮慎の先頭打者本塁打などで4点を先取した。先発の手塚が4季ぶりの白星を挙げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る