体操の内村、異例の大会創設 来年3月、実戦不足を解消へ

体操の内村、異例の大会創設 来年3月、実戦不足を解消へ

 体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)が、来年3月18日に群馬県の高崎アリーナで自身の名前を冠した個人総合の大会を開催することが18日、分かった。内村を含めて12人で争われる予定で、来春に始まる見込みの東京五輪代表選考会に向けて実戦不足を解消する狙い。現役選手が自ら大会を創設するのは異例。

 30歳の内村は両肩痛の影響で4月の全日本選手権で予選落ちし、今月行われた世界選手権の代表から外れた。復帰戦の8月の全日本シニア選手権でミスが出て、上位選手に最短ルートで五輪代表入りの可能性が出てくる11月のスーパーファイナルへの推薦出場が見送られた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る